ごあいさつ

全国のトラウトアングラーの支持を得まして、

 

レベルフィッシングのシングルフック

 

お陰をもちまして、発売25年となりました。

 

初めは、宮城県古川市(現・大崎市)の

 

フィッシング ハウス イノウエの

 

店先に置かせて頂いたのが始まりでした...。

それから、4年後。

 

1991年。当時サラリーマンでありながら

 

レベルフィッシングを立ち上げ

 

本格的に、製造販売を手懸け始めた次第です。

 

その当時の商品は、

 

スーパーヤマメ/サクラマス/アメマススペシャル

 

僅か、3商品でした...。

 

 

 

 

脱サラして、

本格的に釣りの業界に飛び込んだのは、

 

31歳の時...。

 

40歳になるまで、

家族や親族から自由を頂きました...。

 

 

その間、がむしゃらに突っ走りました。

 

 

悔いが残らないくらい、がむしゃらでした。

 

普通の釣り人が、一生かける分を僅か、10年で2倍、3倍楽しみました...。

 

 

いや、楽しませて頂きました。

 

ですが、41歳の冬。

 

突然、終幕を迎えました。

 

好きなことが許されたのは、40歳まで...。

 

 

女房殿の実家の家業を継ぐことを条件としていた為

 

辞めざるを得ませんでした。

 

一年オーバーランです...。

 

そんなこと、誰にも話せません。

 

自らの手で、幕を引かざるを得ません...。

 

突然の表舞台からの引退に

 

様々な噂が流れたようですが(笑)...。

 

残念ながら、生きてますよ!

あれから、早いもので10年の月日が流れました。

 

目の上のたんこぶ的な存在の義父も亡くなり、

 

本業である建築板金塗装業も、

 

自分の代で総合建設業に成長させました。

 

そして、これまでの紆余曲折を乗り越え

 

新たなスタートラインに立ちました。

 

悪運が強いのか、311も一時間の差で助かりました。

 

                                                               死に損いの悪足掻き...。

 

 

 

周りから、道楽社長と罵られても

 

トラウト ルアーフィッシングは止められませんね...。

 

これから、残された命

 

天国の 常見 忠氏と井上 一氏に誓いました。

 

これからも、引き続き宜しくお願い致します。

 

 

                       代表 大石 喜久徳