新・今昔物語  渓流巡礼再び...。

第二章   新たなる旅の始まり

誰にだって想い出に残る渓はある。

しかし、現実の川は心に刻み込まれた

『あの川』のままではない。

渓相は日進月歩で変わり、

かつてそこにいた魚たちも、

それにともなって姿を消すことも

決して少なくない。

この連載は、そんな川を再び訪れて、

その移り変わりを確かめてみようというもの。

あの川は、あの魚たちは、

今でもそこに存在しているのだろうか...。

 

~芸文社 TROUT FISHING MAGAZIN Gijie より~

 

 

最後の旅からおよそ10年。

今、新たなる旅を始める...。

 

今昔物語 第二章、始まり。

 

               写真と文  大石 喜久徳