新・今昔物語  渓流巡礼再び...。

山形県 月光川  春待ち山女魚と戯れて...。   其之弐

                           写真と文 大石 喜久徳


【遅すぎる春...】

 

今年も3月の渓流解禁から一ヶ月半も経とうとしている。

しかしながら、恥ずかしいかな。自分にとって、今回が渓流に立つのが初めてとなる...。

毎日、フェイスブックでは誰かしらの釣行や釣果に指を咥え、羨ましく眺めていた。

 

仕方ない...。

 

自分自身に言い聞かせてきた。

 

まずは、復興が最優先。

 

従業員の生活もかかっているし...。

 

そうは言っても、もやもやが修まらない。

 

そんな状況で、昨年外壁工事を請け負った山形県酒田市のお宅の屋根の張替え工事が入った。

最大のチャンスである...。

 

何がチャンスかといえば、このお宅は日向川のすく近く。ちょっと足を延ばせば、月光川も近い。

いつもは、被災地・宮城、岩手、福島の現場ばかり...。

 

太平洋沿岸の渓流が現場近くにながれているが、あの津波を直に見てしまった心理的影響から、

とても釣りをする気分にはなれない。

 

まぁ、人として当たり前ですがね...。

 

家や自動車、瓦礫が川に漂う光景を目の当たりにしたら、とても釣りどころじゃないです...。

 

そんなこんなの状況で、太平洋沿岸渓流での釣りは一生出来ないかも知れません。

 


月光川は、国内でも早くからC&Rリリースが行われている川であるが、現状の管理状況では無理があるとおもう...。

当日も、水戸ナンバーの釣り人が釣った魚をキープしていたし...。

月光川ダムの貯水はゼロ!。これから鳥海山の雪解けに備えているのか?


【不安定な天候】

 

やはり、東北の春は遅い...。

 

前々日から従業員を現地に入れて、作業の下段取りを行わせていた。

 

当日は、屋根を張る作業のみ。順調に作業が進めば夕方には完了する。

 

だが、やはり天候が不安定である。

 

午後3時頃から、突風と雷鳴。日本海から真っ黒な雲が凄い速さで押し寄せてきた。

作業を一時中断して、天候の回復を願ったが、想い及ばず...。

雨と雹に襲われた。

 

当日の作業は途中で諦め、翌日に繰り越し。

 

予定が外れた...。

 

しかしながら、これが逆に良かったかも知れない。

 

朝勝負してたら、今回も引き分け確実だったはず。

まずは、真面目に仕事しろってことだろうな...。

そう、自分に言い聞かせて慰めた。


 

【今回も、限りなく引き分けです...】

 

当日、朝6時から昨日の作業の続き。

 

作業自体、仕上げの段階であったので、9時前には完了して、引き続き足場撤去。

作業員が多いので、お昼前には施主さんに引き渡すことが出来た。

 

お昼前に酒田市の釣具屋さんに駆け込み、月光川の日釣り券を購入してちょっと状況を確認してみたが、どうも芳しくない様子である。

 

多分、そうだろうな...。

 

予想は出来た。

 

現場近くの日向川は、雪代ガンガンで水温もお昼の段階で5℃。

 

去年の今頃は、かなり面白い釣りが出来たのに、今年は無理である。

 

とりあえず、やってみるしかない...。

 

ダメならダメで仕方あるまい!

 

その時は、潔く切腹でもしよう!

 

まず、下流から上流のダムまでの区間を下見しながら車を走らせた。

 

下流域とダム上流には釣り人は皆無。C&R区間には、件の水戸ナンバーの餌釣り師が一人。

芳しく無い状況では、当然のことか...。

取り敢えず、三つ下の堰堤から入渓し、様子を見てみることにした。

 

だが、やっぱり反応が無い。

 

アダルトハッチが沢山あるのにライズすら無い。

 

スプーン、ミノー、スピナー。ありとあらゆるルアーをセレクトしてみたが、追う魚が一尾も見えない。

 

これまでか...。

 

駄目もとで、支流の熊野川も覗いてみたが、こちらは水量不足。

挙句、こちらも追う魚は居ない...。

 

参ったね...。

 

さて、困った!

 

でも、困っていてばかりでも仕方ない。

無い知恵を振り絞って考えた...。

 

大昔、下流域で大釣りしたことを思い出した!

 

一か八か、最後の賭けである。

 

しかしながら、これがドンピシャ!

大当たり!

 

まさかの入れ喰い状態である。

 

気が滅入っていたので、引船を持たずに入川したのでヒットしたヤマメは特設プールに放り込む。

数は、小一時間で二桁突破!

 

サイズは...。

 

春先特有のちびっ子ばかり。

 

最大で22cm...。

 

仕方あるまい。

 

始めは丁寧に一尾づつ写真に収めていたが、徐々に面倒になってしまい、後で集合写真...。

なんて考えていたら、後方が騒がしい。

 

何事かと振り返ったら、カラスがプールの中に入れていたヤマメを強奪してやがる。

 

参ったな...。

 

プールの中のヤマメを数えたら、半分しか残ってない...。

 

馬鹿だね。やっぱり...。

 

これで、やる気が失せた。

 

時計を見たら、15時前。

 

ちょっと早いが、これにて御仕舞である!

 

これで、ようやく自分の渓流解禁日を迎えた次第である。

下流域では、姫神3,6gオンリーで楽しみました!

 

プロトのフック、持って行くのわすれました...。

C&Rエリアの魚影は薄いようですね...。

 

しっかりした管理を望みます。


今回の最大寸3尾

 

但し、最大で22cm。

 

殆どが、擬似銀化している。

 

スーパーヤマメの予備軍!

仮設の特製プールに入れてたヤマメ。

 

数を数えると、半分しか残ってない...。

 

やっちまったぜ!

 

笑えない一日でした...。


タックル

 

ロッド:スミス・マジカルトラウト

 

リール:アブ・カーディナル33

 

ライン:6Lb

 

ルアー:TROUT JAPAN

      スプーン 姫神 3,6g

 

フック:スーパーヤマメ-2

山形県/月光川

 

月光川漁協

 

日釣り券  1,000円

 

 

 

本日は、スプーン 姫神オンリーでした!