2013.06.18 中禅寺湖

TROUT JAPAN FIELD TESTER H.Kikuchi

鮎釣りが解禁するまでは『早起き競争』には参加しない!
まわりにそう高らかに宣言することで、5月までなんとか凌いだ。
今月に入り、鮎釣りが解禁されたのだけれども、
サラリーマンの休日に都合のいい状況が無いため、
未だに『早起き競争』には不参加のままだ。
 
今日は私の意思とは関係なく、突然、しかも強制的に言い渡されたお休み。
 
那珂川に行ってみようかとも思ったのだが、
なんとなく中禅寺湖が気になった。
 
幸か不幸かはわからないが、せっかく栃木県の片田舎に住んでいるのだから、
ルアーフィッシングに興じる者として、
年に1、2回は中禅寺湖に足を運ばないと、なんとなくもったいない。
 
よし!
湖面にバタつくハルゼミに襲いかかるビッグなブラウンでも狙ってやるか!
と出かけた次第である。
 
 
黒の一色の風景の中から、男体山、女峰山、白根山に至るまで、
夜明けと共に山並みの稜線をこの目で探し出す。。。
 
そんなイメージを持っていたのだが。。。
 
 
昨夜はさっさと寝て今年初の『早起き競争』に参戦。
と考えていたのだが、思わぬシゴト(?)を押し付けられてしまい、
寝たのは12時。
 
結局湖面に立ったのは、すっかり明るくなった朝5時半過ぎ。
(努力だけは認めていただきたい。。。)
 
新聞屋さんにも完敗の時間になってしまった。
 
 
 
中禅寺湖の現在状況は、コミュニティが発達しているからか、
現場で『釣り人の密度』を見れば大体検討がつく。
駐車場には車が少ない。
釣り人の密度はもちろん少ない。
ということは。。。(笑)
 
最初は同じ場所で粘ろうかと思い、そうとう粘ったのだが、
アタリもライズもボイルも無し。
湖面でバタつくハルゼミも無し。(ハルゼミの季節は終わってしまったか?)
あまりにも反応がないのに嫌気が差して、
500~600mを移動しながら釣り歩くことに。
 
結局元いた場所に戻り、ここでダメなら諦めようと思ったら、
長靴でも引っ掛けたか???という様な本日の初アタリ。
 
もっさりしたレイクトラウト特有のアタリだ。
 
頃合を見計らって合わせを入れる。
ちょっと足りないかと思って追い合わせも入れてやった。
 
 

狙いのブラウンではなかったけれど。

最後はフック一本、皮一枚だった。



雨が降ったり止んだりの一日。

 
 
ロッド NBSL-86M

ライン 8LB

フック 本流ツインレイクSP

リール 2508

 

とりあえず『ボウズ』を逃れた安心感は、

釣果に対する満足感とは少し違うような気もしたのだが、

 

『これでいい。今日はこれでいいのだ』

 

などとブツブツ言いながら

昼過ぎに中禅寺湖を後にすることにした(笑)