渓流最高の旅は、まだ始まったばかり!!

皆様、こんにちはm(__)m

今回は、先日の、釣友W氏とのコラボ釣行の物語を……

一読いただけたら幸いですm(__)m




仕事最終日、明日から休日…
明日は、釣友W氏との久しぶりのコラボ釣行の予定だった…

しかし、夕方半分寝ながら仕事していた私に、W氏よりメ―ルが……

"雨降りすぎ!これからも止まず!
増水、濁りが予想される為、明日は中止!"
という、内容のメ―ルが!(^-^;

こ、これは!いつも、半分寝ながら仕事している罰なのか?

きっとそうなのね☆(^-^;……

ということで、明日は急に暇になったので、日本酒かっくらって寝てやりました!

そんな感じで、深い眠りに包まれていきました…お休みなさい…

しかし、翌朝、目覚めると、太陽が顔を出しています…(^-^;

午前中は、天気もちそうだな…
う~ん、これは、雨後のナイスタイミングではありませんか!と思っていた丁度その時、W氏からメ―ルが……

"急だけど、行きますか!この天気ならいける!"

という内容でした!よしきた!と慌てて準備して出発!

約一時間後、待ち合わせ場所に到着!
そこから峠道、ときたま、猿の群れに行く手を遮られながら、更に上へ…

入渓点に到着!すると
W氏が"あっ!!"と大きい声を上げた!

"ベスト忘れた!!"……と(^-^;

昨日、雨の中での釣行で、ずぶ濡れになったベスト干したままだったらしいです…(^-^;

W氏は、トランク内にあった、予備のルアーのみで、戦闘開始です(^-^;

今日は、金沢さんに釣ってもらうからいいや…と一言…なんか、プレッシャーです…(^-^;

そして、渓へ…

支流と本流の合流点ちょい上へ入渓。すると、少し下流に二人の釣り人が…

フライマンとルアーマンの方々でした…このまま先行するわけにもいかず、ご挨拶に…(^-^;

本流側上がりたいけど、流れがきつく、この支流渡れないから、支流を上がるとのことで、本流側どうぞ!とおっしゃってくれました。

しかし、ここ、渡れますか?と言われ…

W氏は、"はい!大丈夫!"と即答してました…(^-^;

正直、私も、ここ大丈夫かな?と少し、心配でしたが…一番距離の短い急流を渡り、対岸の岩にへばりついて下り、突破!いやいや、W氏のエスコートが無ければ危なかったです…

しかし、W氏は身軽です!私も身軽な方だと思っていましたが…
かないません(^-^;

そして、私たち二人とも、体重60キロ以下の軽量級コンビの為、水圧には、不利…局面局面では、神経集中しなければ、不測の事態になりかねません。

油断禁物です(^-^;

八王子から、来られたという、先行していたお二人、驚きの表情で、この様子を見ていました…

私も、顔はすましてましたが、ちょっとドキドキしてました…

さて、ここからは、次から次へとナイスポイント出現!!

昨日の雨の影響で、水量は多いですが、そんなに濁りもなく、いい雰囲気です。

W氏、早速、ナイスイワナゲット!

またしても、俺だけボウスか?と一瞬思いましたが…

アップでフルキャストして、長い距離アピ―ルしてたら…ヒット!

しかし、私のファ―ストヒットは、バラシ!
1㍍手前まで、寄せて、バラシ!!

あれが一番でかかったですね!とW
氏にも言われました…(ToT)

これぞ、渓流の醍醐味です!!
渓流最高!!

……しかし、W氏は流石でした!
私が先行し、異常無かったポイントでも、バンバン釣り上げてました!

尺ものも、三、四本上げていたと思います…。

この時のW氏の言葉が、印象に残っています。

アップでしか、釣れない場合と、ダウンでしか釣れない場合がある…と

ポイントと流れを見定めろと言うことなのかな…と理解しましたが……

そして、またまた、ナイスポイント
出現!ポイントの形状から、この言葉を意識して、ここはダウンオンリ―で、ゆっくり、長くアピ―ルを意識すると…ガツン!!

きました~慎重に寄せてきて、ゲット!!尺ものでした!
嬉しかったです(^-^)v

輝く、ブラックシングルフック!!

ミノ―ブラック!!

炸裂です!!!

ありがとうございますm(__)m

しかし、今回のコラボ釣行は、刺激され、勉強になりました。

私的には、コラボというのは、難しいものでは…と思っていました。

それぞれのぺ―ス、やり方の違い…
などなど…ありますし…

しかし、今釣行は楽しかったです!

互いが、互いのことを、自然に思いやれるというか…
大事なことですね…

どんなことにも、言えることだと思います。

今回は、私も尺もの二本!W氏は、ベスト忘れたにもかかわらず、尺ものそれ以上、上げていました!!

さてさて、退渓して、着替えながら、またの再会を約束…

お互い家族がいる身。これから、子供達の夏休みも控えている…

なかなか、時間が自由にならないということですが…また、やりましょう!とエ―ルの交換(^-^)

W氏と別れて、帰路に就いた車中で、私の脳裏に浮かんできたのは…

"渓流最高の旅は、
まだ、始まったばかり!"

と言うものでした……(^-^)

まだまだ、沢山、楽しい渓流物語が待っているという思いです!!(^-^)v


さて、冒頭で半分寝ながら仕事してると言っていますが…

完全なジョ―クです(^-^;

常に真剣な眼差しで仕事してますので、誤解のないようにお願い致しますm(__)m

長々書いてしまいましたが、読んでくれた方は、感謝感激でございますm(__)m

最後にお決まりのお言葉を!!

渓流最高!

トラウトジャパン最高!

大石社長、いつか、サインくださいm(__)m

では、失礼いたしますm(__)m


TROUT JAPAN  フィールドモニター H.Kanazawa