桂川(大月地区・都留地区)、鹿留川釣行2014.5.4

TROUT JAPAN  FIELD MONITOR    平澤 康之茂森 直人

 

今回もモニター仲間の茂森君と桂川と支流 鹿留川へタンデム釣行してきました。

 

 

大宮出発AM2:00、東京世田谷にて僕を拾ってもらい、

一路 大月桂川へ

 

 

今回は朝一で強瀬橋~高月橋の区間を釣り上がり、

釣果の有無に関わらず

 

都留へ移動し夕方まで釣りまくるという予定でした。

 

 

AM5:00入渓した強瀬橋は、

水温低め、水量やや多め、笹濁りの状況でした。

 

 

約1キロの区間を2人で約2時間半かけてたたき上りましたが、

魚の気配は稚アユのみ

釣果は稚アユのスレがかり1匹のみという悲惨な状況


 

そして、富士山に迎えられながら、桂川上流の都留地区へ移動するのでした。

 

 

都留地区では谷村町駅の上流に入渓しました。

 

ここではヤマメ、レインボーと満足できる釣果でした。

 


 

お昼も過ぎ、本流を離れ支流鹿留川へ移動、

最下流部より管理釣り場(ベリーパーク)へ向け入渓点を説明しながら釣り上がりました。

 

鹿留川ではまず、蒼竜峡からおなん淵迄の区間を1往復

 

入渓直後に同じポイントから、ブルック・ブラウンのダブルヒットから始まり

 

小プールでのウグイ2連発、おなん淵でのレインボーと飽きない感じで釣れました。

 


 

本釣行最後に入渓したのは材木屋からベリーパーク下迄の区間を1往復

 

ここではドラマがあったのでした。釣り上がる途中、ルアーを追って足元にじゃれつく

 

大きな茶色い影....アップの釣りではかけることができず釣り下りでしとめようと話しながら上流へ堰堤までの区間では茂森君が爆発しレインボーを数匹キャッチ。

 

 

吹く風も冷たくなってきたので今回の釣行は駐車スペースまでの釣り下りのみとなったのでした。入渓直後にルアーにじゃれ付いていた陰のあったポイントへダウンでミノーを

 

キャストし着水ワンアクション目にドラマが.....バラスこともなく無事にランディングできたのは体長35センチのイワナでした。このイワナをキャッチした瞬間に僕はスイッチが切れ今回の釣行は終了。そのご退渓点の小プールで茂森君がこの日10匹目となるレインボーをキャッチして釣行終了となりました。

 

 

<茂森タックル>

 

 テンリュウ Rayz 56L     ヴァンキッシュ2500HGS

 

 スミス   BST HM53UL/C  DAIWA T3-AIR 86L

 

  AR-S(シェル)、スカジットデザインズクイックイックミノー40Sフックミノーブラック #0、本流ヤマメ #2

 

<平澤タックル>

 

 スミス   ART-53SSL       カーディフ2000HGS

 

 スミス   BST-HM57UL/C  DAIWA T3-AIR 86L

 

 AR-S(シェル)ima ISSEN45S フック ミノーブラック #0,#1 SEASON #2