TROUT JAPAN FIELD STAFF    平野 公朗



魚偏に完でアメノウオと読む。

私の住む新宮市周辺ではアマゴのことをこういう。

中学生のころ、この魚に憧れ

一番近くにある高田川や相野谷川に自転車で通ったものだ。

釣具屋で大人たちの○○川に行くと100匹くらい釣れるとか

夢のような話を聞かされた。

壁に貼ってある尺物の魚拓に釘づけになった。

でもそんなところに連れて行ってくれる人もなく

自転車釣行を繰り返した。

それほどの思いもあり、標準和名のアマゴではなくアメノウオ

という呼び名に思い入れがある。

 

今年も解禁がやってきた。

是が非でもアメノウオの顔がみたい。

 

夜も暗いうちから十津川村、大野川に向かう。

 

車で夜明かししていると、となり軽自動車が横付けしてきた。

こんな夜中になんやろと思っていると

「すいません、監視員です。」

じつは私は魚券を持ってなかった。

というのも25日に魚券料金を送付したが、まだ返送されてなかったのだ。

事情を話し、名前、住所を告げると

「解りました、漁協に連絡いれておきます。」

とあっさり了解してくれた!

よかった!

 

その後大野川を釣り上るが全く反応がない。

ときどきあるチェイスも魚が小さい。

予定区間を終わると車に帰り休憩

 

本流に足を向けた。

 

道路から川を見下ろすとライズが見えた!

急いで駆け降りる。

3投ほどでまるまる太ったアメノウオが釣れた!

やっぱり本流だったかと思いながら釣りあがると

エサ師にあった。

 

「最初ルアーやってたんやけど、全然追わへん。

反応あったとこだけエサやったけどアカンわ!」

 

う~ん、アカンか~

でも入ってすぐ釣れたしな~

ここは川幅も広いし釣り残しもあるだろうと思い

チャラ瀬や小場所を丁寧に釣ってみる。

結構出ます!

 

尺クラスのバラシもあり期待しながら調子よく釣り上る。

しかし雨が激しくなり川が増水しだしたので納竿とした。

満足のいく初釣行だった。

 

タックル

ロッド エキスパートカスタム510ULX

リール カーディナル3ヤマワークスチューン

ルアー バルサ蝦夷50s ボウイ50

フック レベルフィッシング ミノーブラック1 ミノーブラック2