銀山湖に立つ!

TROUT JAPAN FIELD STAFF    田中 秀和


今回の釣行は福島県と新潟県にまたがる銀山湖に大型イワナを求めボートでの釣行でした!

まだ、積雪がかなり有って朝晩はとても寒い。

この銀山湖をモチーフにした小説で有名なのが三島由紀夫の「沈める滝」ではないだろうか!

皆さまも1回は目を通されたことが有るのでは!

そしてここ銀山湖をこよなく愛したのが作家でもあり釣りを愛した、開高健である!

1970年に「夏の闇」の執筆で2ヶ月滞在した時、銀山湖の魅力に惹かれ以降、度々訪れて
いた!

当時から、大型イワナが釣れる事で有名で中には60cmを超えるモノも!

さて、話を本題に戻すが、山肌には残雪が残り
昼になるにつれ気温が上昇し、いたる所で轟音と共に落雪が起きてやたらに湖岸に近寄れない場所ばかりである!
入り江のインレットの近くでルアーを投げ2~3巻したところでガツン!というアタリでイワナ掛かった!

流石の大きさに興奮しました!

さぁ~て、次はレイクトラウトを狙いましょうか!

ロッド>>SMITH 7フィート
リール>>アブガルシア3000番
ライン>>PE1号
リーダー>>フロロ7Lb
ルアー>>スプーンシェル貼り7g
フック>>本流ツイン−5