祝?秋田4/1解禁

TROUT JAPAN FIELD STAFF    佐藤 剛


漁業規則の改定に伴い、今シーズンから秋田 サクラマス解禁が4月1日となった。皆さんご存じの通り昨年までは、前日入り→ 下見→良いポイントで仲間とともに前祝で一夜を明かす→蛍のように暗いうちから川辺に立つ→アタリか?ハズレか?という図式の解禁日。い わゆるその「お祭り騒ぎ」が解消されることとなった。
解禁日当日は、数日続いてきた雨とユキシロ 混じりの増水で、多くの釣り人?が思い描いたポイントにも入れずじまいの状況。というか、まばらな釣り人だったようだ。

各河川の釣果を探しても、濁りの中投げ続けキャッチできたごく少数の人たちのみ。ポイントも下流部に絞られ、明らかに魚影も疎らであった。その後も4月中はユキシロが入り込み、思うような釣果が上げられなかったようである。


私のメインとする最上本流や雄物川本流の支流河川での釣果が聞かれるようになったのは、4月も半ばを過ぎたことであった。ちょうどこの時期に「LEVEL米代ミーティング」が企画されていたが、米代の増水に加え濁りから、急遽場所を玉川に変更し行われた。遥々熊本か ら駆け付けた白鷹さん、地元レベル48のセンターを務める阿部さんとともに、玉川に集結した。



多少水位は高いものの、明らかに魚はいる! 信じ続け投げ続けた。9時をまわった頃であろうか、「ゴンッ!ゴンゴンゴンッ!」明らかなサクラからのコンタクト。無残にも、僅か3秒の やり取りのみ!終わってしまった。PEとリーダーの結び目が。。。明らかなる人為的ミス。。。ああ無情!


5月に入りユキシロの終息とともにそれぞれ の河川で水位が下がってきたものの、今度は各地での代掻きが始まり、濁りや草木のゴミが多量に流れ始めた。ゴールデンウィーク中は各地か らの遠征者でごった返した玉川流域であったが、聞こえる釣果もポツポツであった。




ゴールデンウィークが明けると、今年からサクラを始めたという私の弟子的な仲間たちも次々に釣果をあげる。



数少ないと言われる中にあって、数本の釣果をあげていた。こちらは焦るばかりであるが、4月から攻め続けられた成果として賢くなった魚たちのチェイスのみやら、軽いタッチのアタリにバラシ続発やら、、、


6月に入って昨年までの解禁と同じ状況がやってきた。いまだ釣果の無い私は、できる限り足しげく川に通うが、もうすっかり夏の気配がムンムンである。6月ではあるが、雨も少なく、本流の水は流芯が少し流れるばかり。カンカンに照りつける日差し。川面には稚鮎の群れの波紋が広がる。完全に初夏のサクラマス釣り の風情である。もう少ししたら鮎師が来る。それまでに何とか決着をつけたいところではあるが。。。(笑)




まだまだ前半戦を終了したばかりではある が、ここまで例年と違うのかと考えさせられたことを、ここにまとめてみた。