長月の渓流

TROUT JAPAN FIELD STAFF    荒川 大悟



日に日に秋らしさを感じられるようになってきた9月上旬の事です。

 

かろうじて蝉が鳴いていたり日中の日差しはまだまだ夏の様相なのですが、

 

朝晩は秋の虫が美しい音色を響かせてくれています。

 

そんな夏から秋へと移行してい渓流を訪ね、

 

ナーバスになりつつあるヤマメやイワナを探しに行ってきました。

 

ここぞという場所では空振りが続き、心が折れそうになりながらも

 

少ないチャンスを無駄にしないようにミノーブラックのフックポイントを何度もチェックしながら…

 

その時に備えました。

 

なんとか繊細なバイトを幾つか拾う事ができ、

 

夏から秋へと移ろう渓流に彩りを添えることができました。