2016年…開幕戦

TROUT JAPAN FIELD STAFF    小野 幸宏


 

厳冬に期突入した北海道。

 

自分の住むオホーツク道東エリアでは降雪よりも

 

氷点下気温の厳しい日々が続いております。

 

 

 

河川や止水域も氷で埋め尽くされる季節ですが…

 

完全結氷する前に挑んでまいりました。

 

 

 

初戦は「釧路湿原本流」

 

levelサヤカ姫に同行いただいての釣行でしたが

 

年明けから多くの釣り人が訪れている激戦区では

 

予想以上に釣果&サイズと苦戦んを強いられました。

 

 

 

倒木が多く沈む湿原河川ではストラクチャーに潜むアメマスを

 

狙う為にルアーをストラクチャーサイドへ送り込み ボトムパンプをさせながら

 

誘う釣りがセオリーとなります。

 

 

〈サヤカ姫が掛けたアメマス〉

 

開始1時間は全く反応無し…。

 

水温も低く魚の活性も低いなかサヤカ姫が仕留めた1匹目!

 

 

 

自分もようやくパターンが掴め釣果を収める事ができました。

 

 

〈アメマス50UP

 

 

 

結果的に実釣2時間で3匹釣果で終了しましたが…

 

ストラクチャーやボトムを攻撃する上でもシングルフック化の

 

有効性を再認識させられました。

 

 

 

サイズこそ出ませんでしたが湿原河川は

 

凍結しにくい事もあるので機会を見て再度行く予定です。

 

 

 

ロッド・MアイレTB76XH

 

リール・ステラ3000HG

 

リーダー・ナイロン25LB

 

ライン・ PE1.5

 

ルアー・15g28g

 

続いて…「結氷前の屈斜路湖」

 

 

 

翌日に出向いた屈斜路湖。

 

この日の最高気温も氷点下。

 

 

 

 

湖面を通り抜ける北西の風…。

 

とにかく寒いの一言。

 

 

 

 

〈波飛沫で氷結した倒木〉

 

 

 

釣り仲間数人で訪れましたが自分は3時間釣行でノーバイト。

 

仲間内ではポツポツとアメマスが釣れてましたが

 

自分は寒さに耐え切れずにポイントを離れ帰路につく事に…。

 

 

 

車まで戻る為に湖畔沿いをとぼとぼ歩きながらランガンキャストすると…

 

屈斜路湖の女神が微笑んでくれました!!

 

 

 

levelアメマスツインをガッチリ咥えたアメマス。

 

3時間ノーバイトの自分も安堵の気持ちで竿納する事ができました。

 

 

 

高活性の時期なら巻きで勝負もできますが…低活性の魚にはルアーを見せる時間や

 

アクションは非常に大切になりスローリトリーブからの

 

ストップ&ゴーやリフト&フォールは本当に有効手段になります。

 

 

ロッド・MアイレMB86MH

 

リール・ステラC3000HG

 

リーダー・ナイロン20LB

 

ライン・PE1.2

 

ルアー・ssy LABEL 6 18g