春の記憶

TROUT JAPAN FIELD STAFF    荒川 大悟


3月になり、毎年この時季になると足を運びたくなる場所がある。

 

今年も淡い色の景色を眺めながら川を歩き、

少しばかりではあるが、

錆の入った朱点の美しいアマゴに出会うことができたのは幸いだった。

 

色々な記憶を忘れないように、また来年もそれからもここにきっと来るだろう。

 

そして歩き続けて行きたい。

ロッド、4,6フィート
リール、カーディナル3サイズ
ルアー、5センチ
ライン、ナイロン6ポンドフック、ミノーブラック#2