チェンジ&チャレンジ

TROUT JAPAN FIELD STAFF    平澤 康之


3月21日の釣行でどうにか今シーズンの渓流を解禁することができましたが釣果の方はアマゴ1匹というさびしい結果。
今回の釣行では、前回と同じポイントでもっと魚の顔を見るというテーマをのもとメインラインは前回のまま、リーダーを6lbから3lbに変更し渓魚と対峙してきました。

リーダーを細くしたことが理由かわかりませんが、入渓3キャスト目でかわいいサイズのアマゴがヒットし一安心
前回の退渓点まで約2時間をかけて釣りあがる中、10数匹のアマゴの顔を見ることができリーダーを細くしたことによる効果によるものだと確信しました。

その後、別ポイントへ移動し約2時間つりあがるうちに尺クラスのイワナ4本(内2キャッチ)を含む5匹のイワナの顔を見ることができた満足のいく釣行でした。
最大サイズはイワナの28cm(寸足らず)でしたが、ポイントの右岸、左岸側と移動してもかけられず、最終的に上流側に移動しダウンでミノーをキャストし「釣った」できた価値ある一匹でした

今回のラインシステム、リーダーに糸よれや曲り癖が出やすく何度もラインシステムの組み直しが必要になりますが、フックは信頼のミノーブラック#S、#0
口に入ればフッキング率も高いので
次回はリーダーを2lbにし渓魚の反応(チェイス・バイト)を増やせるように再チャレンジしてみたいと思います。

ロッド:ART-HM53SSL
リール:ステラC2000HGS
ライン:PE0.6
リーダー:フロロ3lb
ルアー:AR-S 4.5g、チップミノーFS
フック:ミノーブラック #S,#0,#1