【其之十八】山形県 藤島川 新たなる一歩へ


山形県 藤島川 新たなる一歩へ 其之十八

                          写真と文 大石 喜久徳

  たった一尾のイワナに会うためだけに往復6時間も無駄じゃないんだよ...。

 

 

 

【素直な気持ちで、ありがとう】

 

あの震災から6年目の春。

 

俺の心臓が壊れてから3年目の春。

 

全てに絶望した空白の時間。

 

かなりの時間を無駄にしたものだ...。

 

それでも、その空白の時間を埋めてくれている人がいる。

 

いつもいつも、わがまま言って困らせてしまっている。

 

対等に話を聞いてくれて、正論で答えてくれる人...。

 

震災の年の初夏、偶然知り会ってから早くも今年で6年目になる。

 

震災当初は何かと励ましてくれた。

 

心臓の手術の時も親身に心配してくれた...。

 

他愛の無い話にも、いつも電話の向うで笑って応えてくれている。

 

本当に大切な、唯一無二の人。

 

素直な気持ちでありがとうがいえる人...。

 

けれど、さまざま叶わぬこともあるのも事実...。

 

書き出しから意味深な内容となってしまったが、あの震災の苦難を乗り越え、心臓の手術の時も見守ってくれた自分にとって本当に大切な存在である。

 

震災後の鬱も理解してくれて、心が病む時には優しく包み込んでくれる。

 

 

 

主治医の言うことも聞かないのに、その人の言うことなら素直に聞ける。

 

だから、本当は渓流に行くのも主治医からはゴールデンウィーク明けからと言われていたが、ことあるごとに引き伸ばされるのが目に見えている。

 

塩分摂取量から飲水量、さまざまな食事制限。アルコールもタバコも禁止...。

 

あれもダメ、これもダメ。これじゃ生きてる意味無いじゃん...。

 

無論、それは心臓に掛かる負担を考えてのことだとは百も承知している。

 

でも、そんなとこしてたらいつまで経っても釣りなんか出来ないんじゃないかと思うようになったのも、また事実である。

 

何れにしても、俺の寿命は既にカウントダウンが始まっている。

 

少しでも動けるうちに好きなことをしたい。

 

俺の人生なんだもん、好きにさせてくれよ。

 

生前贈与も済ませ、おまけに生前葬も一昨年終わらせているんだからさ...。

 

 

 

藤島川は堰堤の川。歩きやすいけど、堰堤を登のが大変...。昔は難なくこなした事も3年振りに歩くとそれなりにきついものだね...

 

 

 

【3年振りに渓流を歩く】

 

 

2016年4月7日

 

今期から本業の第一線から自ら身を引いた。

 

もちろん、現場の連中にも色々迷惑を掛けるから...。

 

無論、本業の役職や仕事内容はそのままだけどね...。

 

これからは、レベルフィッシングに専念するようにしたい。

 

これも俺の単なるわがまま。

 

いつまで渓流を歩けるか分からないし、悔いを残したままじゃ死んでも死に切れない。

 

やっぱり未練なんだよね。

 

この世に未練なんて何にも無いって見栄を張ってみたけど、まだまだやりたいこと沢山残っているし、話したいことも沢山ある。

 

 

 

4月なら、本当であれば秋田のサクラマスにでも行けば良いんだろうけど、サクラマスは散々釣ったからもういいって感じ。

 

まだサクラマス釣りがマイナーな頃から、あちこちの川に足繁く通った。だから、今更って感じも否めない。

 

やっぱり俺って、ヤマメとかイワナが好きなんだよな...。

 

今回、藤島川を選んだのは大昔に自然倶楽部って釣り雑誌の取材で訪れてから暫らくご無沙汰していたから。

 

まずは、水路のような小沢の秘密のポイントでイワナを狙う。

 

ちっちゃいけど、狙い通りにヒット!

 

たった一尾で良い。それで満足だ。何しろ3年振りなんだからね...。

 

次はヤマメ。

 

堰堤だらけの川だから、ピンポイントで良さげなポイントに降りてちょっとした深場を狙うと、こちらも狙い通りにヒットした。

 

やっぱりね、小難しい理屈なんて必要ないんだよ。

 

基本は、投げて巻くだけ。ただそれだけのことなんだよ。

 

昔、釣り雑誌にそれらしく色々と屁理屈書いてたけど...。

 

このポイントでは、もう1尾追加。写真を撮ろうとしたら雨がポツポツ降ってきた。

 

そそくさと写真だけ抑えたら、雨脚が速くなってきやがった...。

 

これで、俺の3年振りの解禁は終わりか...。

 

まぁ、良い。

 

小一時間の戯れのために、往復6時間も掛けたけど何ら悔いは無い。

 

第三章 俺の旅は始まったのだからね。

 

来週は、あそこの渓流に行ってみよう。

 

少し前向きに歩き出せた一歩になった。

 

 

 

 

 

ヤマメ2尾釣ったら雨が降ってきた...。もちろん、無理せず川から上がったよ...。

 

 

【人生の扉

 

 

 

時々思う...。

 

俺って、本当はあの時、あの津波に流されてしまっていて

 

もうこの世に居ないんじゃないのかって...。

 

今、ここに居る俺は、別の次元に迷い込んだ俺じゃないのかと...。

 

そう考えると、偶然が偶然を呼んで奇跡が起こったこともうなづける。

 

俺の人生って...。

 

 

20歳半ばに月刊・つり人から全国デビュー。

 

30歳前半で活字嫌いなのに釣り雑誌の編集者を経て

 

フリーのフィッシングライターになった。

 

40歳前半で釣り業界から自ら身を引いた。

 

そして、40歳後半であの震災。

 

50歳前半で心臓が壊れた。

 

60歳まで生きれるのか俺?

 

70歳まで生きれたら奇跡だね。

 

80歳なんて夢のまた夢。

 

90歳過ぎまで生きれたら化け物だよ...。

 

 

 

今度生まれ変われるとしたら、平凡な暮らしを望みたい。

 

でも、絶対に同じ道を歩くんだろうな俺...。

 

 

 

 

あの日の夕日をありがとう。

 

あなたの残り香と、暖かい手の温もりは死ぬまで忘れないと思う。

 

そして、やはり偶然が偶然を呼んだ結果の奇跡なんだと想う。

 

いつまで歩けるか分からないけど

 

俺が生きたという証をひとつでも残せたら...。

 

きっと、またいつか会えるよね。

 

偶然は必然なんだからね...。

 

 

 

スプーンのニューカラーバージョン。発売は未定だ!

 上流に行くに従い残雪が残る藤島川。春まだ遠し...。

 

 

 

タックル

 

ロッド:5ft                ルアー:TROUT JAPAN

                             スプーン  アテルイ  姫神 

リール:カーディナル33            プロトカラー

 

ライン:6Lb                  

                      

フック:スーパーヤマメ #1~3