【其之十七】秋田県 十和田湖 2年振りのフィールドに立つ


秋田県 十和田湖 2年振りのフィールドに立つ 其之十七

                         写真と文 大石 喜久徳

30年振りの十和田湖のヒメマス。あの頃は若かった。朝から晩までロッドを振っていたっけ...。

 

 

 

【2015 十和田湖ミーティング

 

東北の渓流も禁漁期を迎えた10月、もうひとつの解禁を迎える。

 

それが秋田青森県に跨る十和田湖だ。

 

十和田湖で初めて釣りをしてから、かれこれ30年以上前。

 

今ほどアングラーは少ない時代...。

 

あの頃も制限尾数はあったけど、制限尾数は小一時間で達成してしまった。

 

でも、誰も止めようとはしなかった。25cm以下は全てリリースして尺オーバーだけ揃えた。

 

少しこズルイやり方...。

 

でも、今も同じだよね。

 

多分だけどね...。

 

去年の春、もう釣りは二度と出来ないと完全に諦めた。

 

まさか、自分の心臓が壊れるとは予想外の出来事だったから...。

 

原因は過労..。

 

零細建設業の宿命か、自分の生活よりも従業員の生活が第一。

 

毎月給料を払わないと彼らは路頭に迷う。

 

男として、人間としてそんなことはさせられない。

 

だからいつも無理して働いた。

 

事あるごとに宮野さんから電話で叱られた...。

 

でも、叱ってくれる宮野さんは自分より早く逝ってしまった。

 

人の運命なんて分からないものだとつくづく思えた...。

 

でも、今でも自分には多くの仲間がいる。

 

彼らのお荷物にならないように生きていこう...。

 

そう感じる今日この頃。

 

 

 

 

尚、今回も敬称略にて失礼します。

 

 

 

 

 

最近の十和田湖のヒメマスのアベレージサイズは25cm前後かな...。 

 

フロントフック・スプーン忍者の2g。渓流でも管釣り場でも十和田湖でも大丈夫(笑)

 

 

 

【いつものメンツプラス初対面の集い】

 

 

2015年10月4日

 

十和田湖ミーティングを企画したのは今年の夏。

 

去年の夏に心臓の手術をして、今年の夏は眼球の手術をした。

 

目の異変に気づいたのは、免許証の更新時.その時は疲れから霞んで見えただけと感じたが、眼科に診断して貰ったら白内障だと診断されての手術。

 

白内障って老人病だと思ってたら、今じゃ30、40歳でも珍しくない病気らしい。

 

若いと自負してる君達も油断大敵だよ!

 

心臓手術の一年検査で、無理しなきゃ釣りしても良いと言われたのに今度は眼科から釣り禁止処分を受けた。

 

全く、踏んだり蹴ったりの2年間だぜ!

 

でもね、完全にサイボーグ人間になった俺様に怖いものは無いんだよ!

 

さて、何時になったら肝心の釣りの話になるのか...。

 

自分にも分からん!

 

何時もの脱線トークは延々つづく。

 

でもね、そろそろ本題に戻らないと宮野さんに叱られるからね...。

 

今回、十和田湖に集まったメンツは地元の阿部とカトくんとヨッシーくん。横手から佐藤先生。福島から大内部長、能代出身東京在住の田中さん。

 

そして、訳あり参加地元のナタリーくんと弘前在住看護師の田澤さんと先生のお友達。

 

田澤さん 来シーズンからルアー参入するから宜しくね!

 

菊地マネージャーは、遠いから行かないとわがまま言いやがる不貞野朗だぜ...。

あれ、なんか人数合わないよな...。

 

あと、誰か居たか?

 

すまん。居たら自己申告しなさい。

 

小野さんとか人妻姫とか、白鷹さんは来てないよな...。

忘れた。だから、あとは先生の友達多数としておこう...。

 

朝5時。遅刻者無し。

 

待ち合わせの駐車場は、県内外のアングラー達の車で満員御礼!

 

さらに、夜が明けきらないうちにあちこちで釣りの段取りするつわもの多数。

 

さすがに、解禁後初日の日曜日だ。

 

暢気に構えてるのうちの連中だけじゃんか...。

 

まあ、30年前も同じ光景だったよなって思った(笑)

 

 

 

 

 

忍者2g釣れたから良かった。0.9gの方がもっと良かったかな...。ちなみに、ネーミングを落武者にしようとしたら菊地マネージーに即却下された...。写真はプロト。販売は近々...。

 

 

【十和田湖のヒメマス

 

 

ポイント設定は禁漁区から南側に設定した。

 

昔、よく入ったポイント。

 

昔のイメージからすれば、ウジャウジャ岸寄りに集まってるイメージがあったが、

 

やっぱり、今は昔だった。

 

接岸数はだいぶ少ないと感じた。

 

解禁してから3日も経てば仕方あるまいか...。

 

各々、勝手に釣り開始。

 

ファーストヒットは誰だ!

 

カトくんか?

 

忍者2gで釣りやがった...。

 

ちなみに、忍者のレクチャーは大内部長に任せた。

 

作った本人より、使い方詳しいんだもん。

 

いつもの丸投げってやつだね。

 

自分は、今回も釣りは我慢した。

 

石の上を歩くの2年振りだから、リハビリを兼ねて写真を撮りながら何往復もした。

 

でも、やっぱりこけた。

 

先生にこけたのばっちり見られたよ...。

 

来シーズン、渓流歩けるかな...。

ちょっと不安になった。

 

でも、あっちこっちでランディングしている。

 

写真を撮ってる最中、産卵始めるやつもいる。

 

思わず受精してやろうかと考えたが、少し恥ずかしくなったからやめた。

 

写真撮影も飽きた頃、ふと、先月も十和田湖畔を走ったことを思い出した。

 

あの時は、晩夏。

 

今は、秋。

 

うっすらと紅葉も始まった。

 

 

 

 

 

 

婚姻色のでたヒメマス

今回は阿部さんがセンターに割り込んで来やがった...。

 

 

 

タックル

 

ロッド:5ft 前後             ルアー:TROUT JAPAN

                                スプーン   

リール:それぞれ                忍者 2g      プロトタイプ

 

ライン:それぞれ              ミノー

                       それぞれ

                                

フック:本流トラウト-1~3