台風直前の最終釣行

LEVEL FISHING

Field Staff 古谷 英一


今シーズンの後半戦は、かなり苦労させられた。
梅雨の増水と、その後は一気に渇水。
そして、例年にない人の多さ。
プレッシャーとフィールドコンディションの悪さに、思うような釣りが出来なかった。
9月に入り、焦りもあったが、半分あきらめも。
そして、3連休の最終日、台風がすごそこまで迫っている中、ギリギリの釣行。
台風が来れば再び増水。
人的プレッシャーが高いことはわかっていたが、昼までは何とか天気がもちそうだったので。

朝から一ツ瀬川水系のとある支流へ。
予想通り、ヤマメの反応はない。
姿さえ見えない。
ようやく出てくれた20cmちょいの綺麗なヤマメで満足しつつ、尺越えのミスフッキング•••。
最終釣行だと言うのに•••。
そして予定を少し延長。
本降りになるまで•••、下流へ立つ。
追いなんて、もちろんない。
あるとすれば、ワンチャンス。
それに期待する。

大場所ばかりが点在する下流だが、今年の反応の無さは呆れるほど。
しかし、そんな流れの中にもひっそりと潜んでいた。
32cm、痩せてはいるが、秋色がかったヤマメ。
そして、27cmの色濃く秋化粧をしたヤマメが、最後の釣行を締めくくってくれた。
春から梅雨まではいい釣りが出来たが、その後は苦労の連続。
この2匹を手にしただけで、その苦労は一気に忘れられた。
台風上陸寸前、2016年を締めくくる釣行としては、最高のものになった。


使用タックル
ロッド:ESNS-56L
リール:2004番
ライン:ナイロン3lb
ルアー:シュガーミノー50F•50S、ボトムトゥイッチャー50ESなど
フック:レベルフィッシング・ミノーブラック♯1♯2