鹿児島のレインボーゲーム

LEVEL FISHING

Field Staff 古谷 英一


九州も多くの渓流が禁漁のこの時期、トラウトゲームはごく限られた場所のみでしか楽しめない。
私の住む鹿児島は、県北部がヤマメの自然分布の南限となる。
漁協があり、試験放流されている河川もあるが、魅力に欠けているのが本音。
もちろん、それらには漁期が定められている。
この時期は、当然だが禁漁。
そして、ヤマメ以外に魅力的な魚が、高水温地域のニジマスだ。

ニジマスと言っても、当然の事ながら放流されたもの(逃げ出した場所も多い)。
鹿児島県内は、ニジマスの養殖が盛んな事もあり、意外にも河川は多いものだ。
もちろん、漁協が存在しないので管理もされていない。
県の漁業規定にもニジマスに関してはルールがない。
内水面に関しては、本当に遅れた県である。
そのため、我々トラウト好きには、冬場の楽しみの一つに。

今回、河川名をあげる事は控えさせてもらうが、コンディションの良いニジマスが釣れる河川へ。
放流されている訳ではないので、数なんて釣れない。
少しでもコンディションが良く、よりデカイサイズを狙う。
小さな渓流ではあるが、そんな場所で大暴れするニジマスは堪らない!
淵や落ち込みから下へ下れば、当然ながらキャッチ率も落ちる。
大きくなればなるほど、タックル限界ギリギリの無理したファイトが必要不可欠。

そんなニジマスに、今回も無事に出逢えた。
数こそは少ないものの、例年、いいコンディションのニジマスが遊んでくれる。
もちろん、それにはリリース前提としたゲームも必要だ。
今年のニジマスが、来年まで生き残れば更に大型化する。
自然繁殖が困難な地域のため、釣り人側も考えて釣りをする必要もある。
小さな渓流の密かな楽しみを、自ら潰さない様に。

タックル
ロッド  56ftライトアクション
リール  2004番
ライン  ナイロンライン3lb
ルアー  45~60mmミノー
フック  トラウトジャパン・ミノーブラック♯1♯2使用