奇跡の軌跡~黄金週間~

LEVEL FISHING

Field Staff 佐藤  剛


奇跡の軌跡~黄金週間~

 

積雪量はさほど多くもない今年の秋田の冬であったが、三月の気温の低さから、雪解けの遅い春を迎えた。
ホームリバー玉川解禁ではモットーである「一魚一会」、素晴らしいプロポーションの玉川弾丸櫻鱒に会うことができた。
 

 

それ以来、降雨による雪解けの増水。週末アングラーとしてはタイミングに恵まれない釣行ばかりが続いていた。
 

 

それでも何とか会うことができたサクラマスは三本。
どれも、増水の合間を縫って足しげく通い、ポイントを見て回った、脚で稼いだ釣果といえるだろう。
 

 

ゴールデンウィーク前半はサクラ釣行を一時封印し、中禅寺湖に向かったが、釣友からの連日の釣果報告に胸がやけていた。この頃から、本格的な遡上があり、沢山の釣果が聞かれることとなった。
 

 

ゴールデンウィーク後半は、程良く水位も下がり、釣りやすくなってきていた。当然のごとく、各地からの遠征組でごった返す釣行が予想されていたが、やはりその通りだった。世も明けきらないうちから、ポイント近くの駐車スペースには、県外ナンバーの車、車、車、、、
 

 

朝一番のプライムタイムのポイント探しでさえ、ままならない状況であった。運よく入れたポイントであっても、その日の水位がその場所に合わなかったり、その日の遡上が芳しく魚が入っていなかったり、運よくいいポイントに入れる確率はかなり低かった。それでも、朝一だけは毎日狙おうと決めていた。「一魚一会」のために。。。



DAY1(5/3)~ニゴイの猛攻~

朝一番に程良いアタリ!
来た~と思うや否や、すぽっと抜けてしまった。魚はいる!と確信し、何度もあたりのあったポイントを流す層を変え、丁寧に攻めること十数投。またもや心地よいアタリ!今度は何とかフッキングに成功。でも、走らない魚!もしや???予感は的中した。
 

 

サクラマスサイズの大きなニゴイ!その後何度も攻めるも反応なし。。。日が昇り切ってから駆け付けた釣友にポイントを譲ること数投。竿が曲がっている?でも、来たと言っている。もしや???
 

 

またまた予感は的中した。さっきよりチョイ小ぶりな奴でした。
結局、同じポイントから出たのはニゴイ×2!端午の節句を祝うかのような釣果であった。その後、場所をするや否や、そこに入った遠征組が50cmばかりのサクラマスを釣りあげたとのこと。。。
タイミングにはいつも悩まされますね。。。運よく入るタイミングが肝かもしれませんね!



DAY2(5/4)~まったりと~

上下数か所のポイントを叩いて回るも、朝から多発するバラシ!確実に魚は入ってきてはいるのだが、、、
連休中の疲れなのか、叩かれまくった警戒心なのか、食いの浅い魚ばかりでこちらテンションも下がる一方。。。
そうこうしているうちに、日も高々と登り切り、暑さにダレる季節になってきたと痛感!朝一は冷えたものの、日中の真夏日に惨敗の敗北の一日となりました。
 
 

 

DAY3(5/5)~超有名ポイントで~

前日までの鬱憤を打破するために入ったポイントはもちろん「超」のつく実績ポイント。
 

 

昨年のサクラマス雑誌の付属のDVD撮影が行われたポイント。過去にも多数のメディアで取り上げられている。ここ数年は、過去の実績を凌ぐ実績は出ていないのだが、自分の大好きなどストライクの流れであり、自分のテンションを立て直すために入ってみた。入川するや否や、対岸でモジリ発見!少し下流ではハネもみられる!否応なしにテンションがMAX。上流からダウンクロスで丁寧に探るも、モジリ付近では異常なし。そのまま釣り下り、下に見えたライズとのちょうど中間あたりまで来たとき、いきなり来た!ダウンクロスで流し切り、回収に入った正にその瞬間だった。この日のサクラマスも、走ることはせず、かけたところでしきりにローリングを繰り返し、フックをはずそうとするタイプだった。そんな魚とのやり取りでは、焦って一気に魚を寄せてきてもバレるし、魚主導でもすぐにフックをはずされてしまう。押したり引いたりの駆け引きが重要だ。そうこうして、何とかネットに収まったのは、すっかり夏鱒の様相を呈した2尺弱のサクラマスであった。この日の日差しもそうであるが、すっかり夏の釣りとなった気分であった。まさか、、、これが、これから始まる奇跡の始まりとは知る由もなし!
 

 

DAY4(5/6)地元サクラフリークのメッカ

続く朝一のプライムタイムでは狙いの地元サクラマスフリークの集まるワンドに入るつもりで向かったが、既に地元漁協のメンバーが一番ポイントに入っていた、、、仕方なく二番ポイントに入りキャストを繰り返していると一番ポイントのルアーマンが声をかけてきた。
「朝一寄ってみただけだから一番ポイント、どうぞ!」
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
ラッキ〜〜〜!
すぐさま間髪入れず一番ポイントに移動してキャスト!

 

しばらくは異常なし!流心や柳ぎわ、、、丁寧に攻めるも全くの無反応、、、やがて釣友が三番ポイント、四番ポイントに入る。そして川岸の柳を越え朝日が差し込む時間帯になり、流心外れた駆け上がりでドッカン!ルアーをひったくる手ごたえが!またまた昨日に引き続き、その場でローリングタイプのサクラマスだった。上流にいる仲間に声をかけ、無事にキャッチ出来たサクラマスは58cm!

 

昨日の一尾とは違い、まだまだフレッシュな一尾であった。二日連続の「一魚一会」に満足!帰りの足取りも必然と軽やかでした!



DAY5(5/7)昨シーズン好調なポイントで

いよいよGW最終日となってしまった。
この日は一緒に入る釣友の同行カメラマンとして参戦の予定!しかしながら釣りの準備はしっかりと!先にポイントに向かってた釣友を追いかけポイントに到着。何やら怪し雰囲気。魚が跳ねているし、ロッドを曲げていた!
 

 

駆け足で近寄ってみると、、、まさかのランカーサイズのぷりっぷりのシーバス!そう言えば一昨日のポイントに鮎が入って来ていたから、それを追って入って来ていたに違いない。例年に比べたら随分早いシーバスの遡上である。
その後、釣友と交代しながら同じポイントを攻める。何度か細かなアタリはあるものの、、、まさかの?一旦仕切り直しで、朝ごはんのために湯を沸かし、カップラであったまる至福のひととき!野外で食べるカップラは何て旨いんだろう!

 

あったまったところで、私が入ることに。何投かして、流心から外れた辺りで、トゥイッチを入れるとグーンとロッドティップが入った!来た〜〜〜!

 

小さなあたりに、半信半疑!まさかの?しばらくやり取りしていると、いつものローリングの手ごたえに俊敏な走り!

 

間違いなくサクラと確信して慎重にやり取りを続けた。トゥイッチしてる間のアタリだったから掛かりがどうか心配であったが、何とかネットに収めることができた。

 

釣友の撮影班が、その一部始終を逆に撮影される有様!何とも、、、ごめんなさいです!まさに横取りフィッシュ?52の小ぶりなサクラマスでしたが、ローリングではなくって、久しぶりに戦慄の走りのサクラを味わうことができた。通算6本目となる昨シーズンを上回る勢い!奇跡の三日連続キャッチの軌跡でした!

 

 

何十年に1度とも思われる昨年の大量遡上のシーズンの次の年だけに、魚影の薄さが懸念される中、運だけで確実に釣果を伸ばすことができた今シーズンもまた、何十年に1度なのかもしれません。私にとっては、文字通りのゴールデンウィークとなった、今年の連休でした。
 

 

ロッド:MAIRE TB73 北海道
              MAIRE TB66 北海道
リール:STELLA3000
ライン:Berklay SuperFireLine 1.2G
リーダー:VARIVAS ナイロン 20lb
ルアー:SOULS 16Beat J.O.KER 
              SOULS NAMSAN17
              スミス Dコンタクト85
              スミス チェリーブラットMD
フック:LEVEL ミノーブラック
              他 付属のフック