球磨川水系の本流ヤマメ

LEVEL FISHING

Field Staff 古谷 英一


球磨川水系の本流ヤマメ

九州の春は、今年は遅い訪れとなった。
桜の開花はとにかく遅く、4月の中旬。気温が低い訳ではないが、何故か咲かない桜。それと同じ様に、本流ヤマメも遅れをみせる。
解禁から渇水の続く河川。そして、4月中旬の連日の雨。渇水から一気に増水と、めまぐるしい変化が。
ヤマメにとっては恵みの雨。水嵩が増し、それまでに流れがなかった場所も水が循環。川の生態系を潤す雨となった事は確か。その分、釣り人は増水と濁りに悩まされる期間に。
落ち着きを見せる4月後半から、徐々に本流ヤマメの話が聞かれる様に。ゴールデンウイークに合わせたかの様に、コンディションは最高に。

連日の晴天に、水位は日々下がっていく。定期的な雨が少ないのが原因だが、解禁当初から比べれば、全然、水位は高い。連日のプレッシャーもゴールデンウイーク内は仕方無いが、魚は必ず動いていると信じて向かう。
そして、結果は直ぐにでた。
いつもの様に朝寝坊したが、これである意味諦めがつき、一通りポイントを見て回る。連休中日ではあるが、それなりにアングラーはいる。叩かれていないであろうポイントを数カ所ピックアップし、順に叩いていく。
その2カ所目で、ドスンッ!と。重たい流れの中を、自由に泳ぎ回る。その強い流れを味方につけて。このパワフルなファイトは、やはり格別だ。渓流域では味わえない、至福の一時。
今シーズン、初の本流ヤマメは30cm。素晴らしい体高を持った、肉厚のヤマメだった。がっちりフッキングしたミノーブラック♯3も流石だ。
4月はどうなる事かと不安だったが、今年も無事に出逢えた事にホッとした1匹になった。

その後、次のポイントでまさかのバラシ。流芯から引き出すことが出来ずにフックアウトしてしまう。私にとってはお約束的なバラシ。
夕方までひたすら川歩き。チェイスが2回にバラシが2回。本流ヤマメとの出逢いは1匹だけだったが、素晴らしく満足した1日となった。
これから梅雨を向かえるが、ここでどれだけ雨が降るのか?昨年の様に、降りすぎるのも困りものだが、せめて安定した水位をキープしてくれればと切に願う。
本流ヤマメハイシーズン、今年はどれだけの本流ヤマメと出逢う事ができるか?期待は膨らむばかりだ。

使用フック
ミノーブラック♯2・♯3