雨奇晴好

LEVEL FISHING

Field Staff 寺島 一哉


雨奇晴好

ここ最近、平日の夕方はボウズ街道まっしぐら(笑)
ん~何かが噛み合わないんだな…
そんな中、単身赴任地から帰宅するも
雨を引き連れて移動しているような状況。
「あ~こりゃ~明日無理っぽいな~」
なんて起きた翌朝は、案の定カフェオレだし(笑)

「これじゃ~アソコしかない!」

と向かった川は、まだ雨が降ってて
水量も多いけど何とか出来そう。
そそくさと身支度し入渓するも、気温も湿度も
高くてすぐに蒸れて汗だく(笑)
「だから雨は嫌なんだよな~」と
深瀬の葦際に自作の「忍50S」を通すと
水中で結構な型がヒットするもすぐにフックアウト。
しかもその30~40m先でもう一度デカいのが出るも
またまたフックアウト(^^;)
(2度ある事は3度あるしなぁ~笑)
通すレンジがちょっと上すぎて
流下が速く啄むようなアタックし か
出来ないんだろうな…と読み
もう少しだけ重く、もう少し潜るタイプへ
付け替え、押しの強い流れでも
確実にヒラウチさせて流した1投目。
「ゴゴン」とひったくる様なアタリで28cm!
そのさらに先のかけ上がった葦際で、
今度は33cm!
暑く、湿度も高くとても快適とは
言い難いコンディションでしたが、
そこにある流れには
晴れていても
雨が降っていても
それぞれに素晴らしいところがある。

もちろん
人生において起伏があっても
それはそれで素晴らしい。
そんな事を改めて考えさせられた
今期14本目の尺山女魚でした。
タックルデータ
ロッド:510ULX
リール:2000HGS
ライン:PE0.6+リーダー5lb
ルアー:TDF「忍50S」
フック:レベルフィッシング 
     ミノーブラック#1