真夏の涼を求めて

LEVEL FISHING

Field Staff 古谷 英一


真夏の涼を求めて

早いもので、もう8月。
そして気候は夏。
毎日が地獄の様な暑さですが、その影響からか九州南部は毎日の様に夕立ち。
しかも大粒の雨が集中的に降るからたちが悪い。
空のご機嫌を常に伺う毎日。

久々の渓流。
場所はホームの熊本の水系。
今シーズン、本流ゲームはタイミングが合わず。
もっぱら渓流域を走り回る。
今回も同様。
朝の弱い私は、のんびりとご出勤。
昼前からの入渓だ。
しかし、夏とは思えない程の水量。
若干、笹濁りではあるが問題ない。
ロケーション最高の中、ちびっ子達がジャレついてくる。
この子達をかわすのに苦労する。
でも、追いがあり、ヤマメの姿を目にできる事は良いことだ。
例年、真夏の渇水での釣りは、この姿さえ目にする事が少なくなるから。
日々の忙しさから解放され、ひたすら流れと戯れ、ヤマメ達とジャレあう。
最高の1日ですね!

そして夕立ち•••。
大粒のため、すぐにずぶ濡れ。
夏だから涼しいものの、一度は川をあがって非難。
このタイミングで、他の支流にもと•••欲が出た。
しかし、1時間の山越え途中で道路崩壊で行く手を阻まれ、結局は元の川へ•••。
2時間のロスだが、マズメを上流で過ごす。
そして、飛び出した見事なヤマメ。
残念ながら尺にはほんの少し届かなかったが、秋には立派な尺超えヤマメに成長するはず。
そう願ってリリース。
1日の疲れを吹き飛ばしてくれた1匹に感謝!

そして、残り2ヶ月の今シーズンをどう楽しむか?帰りの車の中で妄想は膨らむばかり(笑)
あと数回の釣行を、思う存分に楽しみたいものだ。
みなさんも、残りのシーズン、良い釣行を!

タックル
ロッド•••5.6ft
リール•••2004番
ライン•••ナイロンライン3lb
ルアー•••ハンドメイドミノー5cm
フック•••ミノーブラック♯1