冬日之温

LEVEL FISHING

Field Staff 寺島 一哉


冬日之温

周りの山頂に雪が積もり始めた今日この頃。今秋の台風で、壊滅的と思えるダムからの放水に浚われた会津大川C&R(若松区域)へ、先週に続き行って参りました。

日曜日の午後なのでポイントは空いてるかな?と現場に着くと下流にフライマンがチラホラ。

先日はヒットするもジャンプされ3バラシ(笑)
とりあえず今日も本流のセオリー通り、
ダウンクロスで釣り下ります。
先週のヒットした流速とレンジを参考に自作の
ハンドメイドミノー「忍60S」を送り込みますが
全く生命反応がありません(^_^;)

そんな時にCEOから着信があり暫しの談笑。
公私ともに何かと忙しくもあり、ちょっとへこんでいた所へ有難い「一言」をいただき、肩の力がちょっと軽くなった気が。(意外と単純なんですよ~笑)

そんな時、ずっと下流のフライマンが帰って行きポイントが空いたので、グッと移動しリーダーを結び直してポイントを休めつつ、光量も落ちて来たので「忍60S  イエローメタルバック」を取り出しキャストした6投目に待望のバイト‼️
ジャンプさせない様に寄せた魚体は、トロ瀬の流芯に着いていたと思われる銀ピカちゃんでした。



タックルデータ
EXC600ULX
2004CH
PE0.6+FC6lb
忍60S(プロトタイプ)
ミノーブラックバーブレス#2