渓流に忍ぶ尺岩魚

LEVEL FISHING

Field Staff 大塚 真一


渓流に忍ぶ尺岩魚

なかなか渓流にも行けず、皆の釣果報告を拝見させて頂いてましたが、

どうにも腰が浮ついて我慢も限界と数年ぶりとなる渓流に行きました。

 

大雨等の影響もさほどない事に取りあえず安堵。

いざ入渓しようとしたら餌釣り師と遭遇。

「いるけど食わん」・・・・ありゃま( ̄▽ ̄;)

確かに道中数台の車は確認。

入渓地にも踏み跡多数(;^_^A

素振りで終始となるんだろうか?

取りあえず「忍」をキャストするも無反応。

 

ルアーをチェンジしてボトムノックⅡで深場を攻めると

写真のお方が背掛かりでお越しくださいました。

なんてこったいと思うが気を取り直して上流へ。

 

各ポイントにルアー投げ込むがやはり無反応。

 

しばらく遡行するとトロ場でライズが。

フライの方なら泣いて喜ぶシュチエーション?

すかさずスピナーを流すがやはり無反応。

半分諦め気分で釣り下がることに。

 

退渓ポイントまで下るが諦めの悪いワタクシ。。。

もうちょい下流をダウンで攻めることに。

 

しかし反応は・・・・ない。

 

ここで最後にしようとダウンクロスで「忍」を落ち込みに流し、

いるであろう渓魚に見せるようにネチネチ「忍」を流れ込みに定位させると


 いき...なり「ドン!」来た来た来た!!!!!!


ここと良い久々の生命感!ロッドがグングン曲がる曲がる!


そして右へ左へ下流に走る走る。
ロッドをいなしながら岸際に寄席ようとするが結構なパワー。

 

なかなか寄せれない。ネットイン寸前でまた走る。


やっと岸際に「いぎなりデカイじゃん」
尺オーバーの岩魚が!!!!!!


おもわずガッツポーズをしたことはここだけの話にして下さいね( ´艸`)

 

竿:スミスインターボロン(初期型)
糸巻:カージナル33(復刻版)
糸:4ポンド
ルアー:「忍」
針:ミノーブラック