Let's Quest 尺イワナ!

LEVEL FISHING

Field Staff 田澤 篤枝


Let's  Quest 尺イワナ!

ルアーの指南をして頂いてる同郷の、佐々木氏と共に奥入瀬川に行くことに。
佐々木氏は、投げれば尺という、釣り名人。
「そろそろ尺を、だしてもらおうか!Let's  Quest 尺イワナだ!」
『投げて巻くだけ』のビギナーには、壮大すぎるお題に、((;゚Д゚)ガクガクブルブル

奥入瀬渓流はしっていても、奥入瀬川は、どこなんだろう、と、初めての本流に期待もあり、不安もあり。
まぁ、兎に角「投げて巻くのだ」と、独りごちる…

河原に降り立ち、若干水量が多く、気温、水温は低く、お日様に温めて貰いながらの釣行、厳しいかもなあと、強い流れによろ、よろ、いや、お淑やかに師匠の後をついていく。


「狙いはアッコと、アッコだな、アップ、真ん中、ダウンで出ないなら!移動だ!投げれー!」
へーい!(裏返る)
虫っけもないし…ライズもないし、出るかなぁ
こんな広い川どうやるん、、
「アップ、真ん中、ダウンだべ」「出ないなら動け!」
投げて巻くだけ、以来のヒットWordだ。

見よう見まねの域を出ない、下手下手CAST
「トゥィッチー!」
ハイ!(*`・ω・)ゞ師匠〜
その横であっさり釣る師匠、、( ̄▽ ̄;)流石っす。

師匠が攻めた後をダウンの様なクロスで忍50Sを投入。
すぅーっとルアーが、流れに向いて、、ギラりと銀の塊がルアーの横っ腹にゴ、ゴン!ジーーィイと、糸が出される
え?掛かった!!でかいよぅ!
たしけてー!   

ヤマメだ、本流でヤマメ!始めてすぎて手が震える。
ドギマギしながら、ルアー交換、ロッド毎流れの中にドボン、掴もうとしてずるん!私もドボン!流れに揉まれること数分。危ない危ない…(゚д゚)
カーディナル、分水嶺、、無くしちゃった…
涙目でしたが、沈むはず!と、流れに目を凝らす。
なんと、流された!と思ったその場所に相棒は静かに横たわっていました。嗚呼よかった。
気温17℃風が冷たく、ガチガチに震えながら、ガンガン、釣り上がる。

不幸中の幸いか、慰めてくれたのか良型イワナが、数匹釣れ、ヤマメも、イワナも一緒くたに居るんだあと、関心しきり。ホクホクである。流された甲斐があったかな、、

たくさんポイントを替え、プールを攻めるが反応なし。
瀬尻についてないかなあ…っ、広めで深い瀬尻に目が止まる。と、その前に瀬尻に持ってけんの私?
?(;´Д`Aあー投げて、こう、、あたまの中くるくるしながら、なんとか、瀬尻をまたいでルアーをトゥィッチ

それは、
初め当たりだと、分からなかった、、
グーンとルアーが、引きずりこまれた…
根がかりあぁ、、
然しそれは
!(´゚ω゚`ノ)ノ初の本流ヤマメ、それも27cm!
頭の小さい砲弾型ボディだった。
嬉しすぎる( ˶´⚰︎`˵ ) 

相棒の唯一のカーディナルと、竿、忍ルアーをながめる。

流れにもってかれずにいてくれ、更に途中でスプールが、上下しなくなりながらも、幸運をもたらしてくれた!相棒感謝である。

流れにもみくちゃになり、ウェーディングシューズは、破け、、それでも事故にならずに済んだ事に感謝。

インスタ映だ。

親分の『バカモーン!!』が、聞こえるようだ。
気をつけなきゃ。ほんとに

たくさんの、ラッキーが、重なった、釣行でした。
本流、広くて分からなかった、投げどころが、分からなくて嫌いだった。
強くて、おっきな魚が逞しく泳いでる。あの引きったら、、、

もぅ、すっかり本流の虜だよ

リール:カーディナル33
ロッド:分水嶺6ft6
ルアー:忍50S. レイズミノーのカエル🐸
フック:levelフックスーパーヤマメ#1.2