九州のアマゴ

LEVEL FISHING

Field Staff 古谷 英一


九州のアマゴ

太平洋側にのみ生息するアマゴ。九州にも、そのアマゴの生息地域がある。瀬戸内海に面した大分県だ。
私の生まれ故郷でもあるが、大分県内の河川はアマゴの水系が多く、ごく一般的に釣られている。それがアマゴである事を知らずに、昔から馴染みのある魚であった事も言うまでもない。
そのため、九州でヤマメの事を「エノハ」と呼ぶ地域が多いが、大分でも同様にアマゴの事を「エノハ」と呼ぶ。種別こそ違えど、古くから渓魚として区別される事なく親しまれていた証拠だろう。
そんなアマゴだが、私の地元の河川では、昔からヤマメとアマゴが混ざって釣れる。古くから混生しているのか?それとも放流によるものなのか?そこは今となっては不明だが、今でもヤマメとアマゴが入り混じって釣れる。
色々調べた結果は、アマゴ南限の水系なので、共存してきた•••という説、一時期の放流がヤマメばかりだった為•••という説。どちらにせよ、混生し続けられるいうのは、素晴らしい事かもしれない。
多くの場合、混生していると産卵で血が混じり合う確率が非常に高くなり、固有種としての血が薄くなっていくはず。それがなかなか起こらない事が不思議でならない。昔から混生し、その情報を遺伝子内に組み込まれ、産卵時の混血を防ぐ様に生態が変わっているとしか思えない。自然界で共存していくには、そこが大切な部分なので。

そんな思いは、渓流釣りを始めた頃には、何もなかった。アマゴという名前も知らない中学生。ただ、朱点がある個体がいる•••ただそれだけ。
昔懐かしい河川へ足を運べば、今も仲良く共存しているヤマメとアマゴ。昔と変わらず、アマゴの朱点は少なく、分かり難い個体は多い事も変わらない。
独自の進化をしているのか?ネットの中に横たわる小さな渓魚たち一匹一匹、凝視して観察してしまう。あきらかに朱点がある•••、小さな朱点が数個だけ•••、全くもって朱点のない個体•••。魚•••、特に陸に閉ざされた河川上流部の魚には不思議が沢山つまっている。
それを紐解く方法は、今の世の中にはあるのかもしれない。しかし、あえてそこを想像し続ける、その楽しみ。そして、そんな深く考えさせられる魚達が長く残ってくれる環境は、これからも大切にしていかなければならない。
懐かしの河川、今シーズンは2度も行く事が出来た。そして、そこに根付く渓魚たち。その美しさに見とれつつ、短時間の釣行だが有意義な時間を過ごせた。
また来年、同じ様に元気な姿を見せてくれる事を願って、山を下る。これからの秋、次なる子孫を多く残してくれる事を願いつつ、またまたヤマメとアマゴの関係が頭をグルグル(笑)
渓流シーズンも残り僅か。次は秋色のヤマメを探して、暑さの残る川を釣り歩く事だろう。僅かなチャンスを求めて。

タックル
ロッド•••5.3ft
リール•••2004番
ライン•••ナイロンライン3lb
ルアー•••ハンドメイド40~50mm
フック•••ミノーブラック♯S、♯0、♯1