シングルフック  セッティング例

シングルフックのセット

シングルフックに予めスプリットリングをセットしておく。

 

渓流用ミノーの場合、スプリットリングの#0~#3位で既製ミノーにセットされている号数を選ぶのが基本となりますが、トリプル(トレブル)フックからシングルフックに変更すると不釣合いになる場合があります。そのような場合は、リングの号数をワンサイズ下げると良いでしょう。

シングルフックのセット  釣行前にセットしておく

フィールドでのフック交換のロスタイムを防止するためにも、釣行前にスプリットリングをセットしておきましょう。


ミノーの場合でも、スプーンやスピナーでも予めスプリットリングにセットしておくことをお勧めします。

シングルフックのセット  フィールドではスプリットリングごと交換する

フィールドに携帯する場合、専用のケースに号数毎に入れておく。

 

現場でフックを替える場合、フックだけを交換するとアイ(バッキング)にスプリットリングが咬んでしまうので、スプリットリングごと交換するようにしましょう。


使用後のフックは、アイの部分をハサミ等でカットして新たにフックをセットしておくと次回の釣行時に便利です。


ゴーストサクラ SAKURA サクラレッド サクラマススペシャル


サクラマスや大型のトラウトを狙う場合、シングルフックのダブルセットが効果的です。

 

サイズの組み合わせは、18g以上のスプーンの場合、#3と#4がベスト。

 

18g以下の場合、#1と#3、#2と#3という具合にサイズの違うフックの組み合わせが効果的となります。

 

 

 

渓流スプーンの場合


 

 

 

 

ミノー セッティング



 

 

 

 

スピナー セッティング


 

 

 

 

サーモン 大型トラウト